Gドライブ

 

Gドライブとは、市ヶ谷キャンパスの学生一人一人に割り当てられたネットワーク上のデータ保存領域です。
市ヶ谷キャンパス内では、市ヶ谷情報教育システム(iedu)のパソコン(iedu2020のラベルが貼ってある機体)から、自分のGドライブにアクセスすることができます。
個人の持込パソコンまたは学外からは、ProselfというWebアプリケーション経由で、Gドライブにアクセスすることができます。

▼Gドライブの使い方

<市ヶ谷情報教育システム(iedu)のパソコンからのアクセス方法>

Windowsエクスプローラーもしくはスタート画面からアクセスできます。

 

<個人所有のパソコン等からのアクセス方法>

個人所有の端末からは、学内外を問わず、Webブラウザ経由でアクセスできます。

アクセスには、ProselfというWebアプリケーションを使用します。

 

▼ Proselfの使い方

<Proselfでできること>

・Gドライブへのファイルのアップロード

・Gドライブからのファイルのダウンロード

・担当教員とのファイルの授受

  課題の配布、課題の提出を行うことができます。

 

・その他、ファイルの一括ダウンロードやファイル・フォルダの移動、コピー、削除が可能です。

  詳細は利用マニュアルを参照してください。

 

▼学内パソコンでのGドライブの使い方

<市ヶ谷情報教育システム(iedu)のパソコンからのアクセス方法>

(1)Windowsエクスプローラーもしくはスタート画面からアクセスできます。

(2) [学生証番号(¥¥filesv.edu.i.hosei.ac.jp)(G:) ] のフォルダが、Gドライブです。

 

<Gドライブ利用上の注意>

・Gドライブの使用できる容量は一人当たり 500MBまでです。

・Gドライブの容量が500MBを超えると、Gドライブのファイルを保存できなくなります。

・ごみ箱の容量もGドライブの容量に含まれますのでファイルの保存ができなくなった場合は、デスクトップ上の「ごみ箱」に、過去に削除したデータが残っていないか確認し、必要に応じて削除してください。

 

▼ 学外・個人所有のパソコン等からのGドライブの使い方

<Webブラウザでのアクセス方法>

(1)Webブラウザを開き、ログインページにアクセスします。

   ログインページ:https://dav.edu.i.hosei.ac.jp/

(2)Webファイルゲートウェイへのログイン画面が表示されます。ユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

 

パソコンを使う