ユーザーIDとパスワード

「ユーザーID」とは、コンピューターが学生一人一人を識別するための固有の記号です。ユーザーIDとパスワードを用いてパソコンやシステムを利用する権利のことを「アカウント」と言います。情報センターで管理するアカウントには、「統合認証アカウント」と「市ヶ谷情報教育システム(iedu)アカウント」があります。

▼統合認証アカウント

大学内のパソコンや、学内ネットワーク上のサービスを利用するために必要なユーザーIDとパスワードです。学部生・大学院生(科目等履修生を含む)には、入学時に発行・配布されます。在籍期間内有効です。

※通信教育部生は、こちら

 

▼市ヶ谷情報教育システム(iedu)アカウント

情報実習室での授業のうち、一部のシステムにおいて使用します。使用の際は、教員の指示に従ってください。入学年度によって、ユーザーIDが異なります。パスワードは、統合認証アカウントと同じです。

入学年度

ieduユーザーID

2014年度以前

「f学生証番号」

(学生証番号の前に半角小文字の「f」をつける)

2015年度以降

統合認証ユーザーIDと同じ

 ▼市ヶ谷キャンパス内のパソコンを使う

市ヶ谷キャンパス在籍の学生(デザイン工学部・研究科を除く)は、統合認証アカウントを使って情報カフェテリア、情報実習室、メディアラウンジなどのパソコンを利用できます。

※多摩キャンパス、小金井キャンパスの学生は、こちらをご覧ください。

<パソコンへのサインイン手順>

①パソコンの電源を入れると、サインイン画面(図)が表示します。

signin

②「サインイン先」が「I-EDU」であることを確認し、ユーザー名とパスワードを入力し、「→」をクリックします。

③しばらくすると、デスクトップ画面が表示します。

 

▼パスワードの変更

統合認証アカウントのパスワードを変更するには、パスワード変更画面にアクセスしてください。初めに統合認証アカウントでのログインが必要です。パスワードは定期的に変更し、他人に知られないよう、各自責任を持って管理してください。

※パスワードを変更すると、市ヶ谷情報教育システム(iedu)アカウントのパスワードも同時に変更されます。

※学内の学生用パソコンを使ってパスワード変更を行った場合は、必ず一度パソコンからサインアウトし、新しいパスワードでサインインしなおしてください。そのまま利用すると、Gドライブへのアクセス、オンデマンドプリンターでの印刷が正常に行えません。

※パスワードを忘れた場合は、情報カフェテリアで再発行手続きが必要です(学生のみ)。

 

▼ゲストID

多摩キャンパス、小金井キャンパス、デザイン工学部の学生が市ヶ谷キャンパスの情報カフェテリアや情報実習室などのデスクトップパソコン、オンデマンドプリンターを利用する場合は、当日のみ利用可能な「ゲストID」の発行が必要です。ゲストIDの発行には、学生証が必要です。

※ゲストIDの発行は、1日につき1回のみとなります。登録したパスワードを忘れないように注意してください。

※情報カフェテリアは利用できますが、物品を借りることはできません。

<ゲストID発行システム設置場所>

・情報カフェテリア(富士見坂校舎2階)

・キャリアセンター(外濠校舎2階)

・ラーニングコモンズ(富士見坂校舎1階)

 

▼通信教育部生のユーザーID

学生証番号の頭に「c」(半角小文字)のついたユーザーIDを使用します。ユーザーID希望者は別途「年間利用ユーザID」の申請(有料)が必要です。詳細は、通信教育部の発行する『法政通信』を参照するか、通信教育部事務部へ問い合わせてください。

※通信教育部が発行するWeb学習サービスのユーザーID、パスワードとは異なります。

※情報カフェテリアは利用できますが、物品を借りることはできません。

パソコンを使う