無線LAN

市ヶ谷キャンパス各所に設置されている無線 LAN アクセスポイントを利用して、貸出タブレット端末や自分の持ち込んだパソコンなどから、インターネットに接続することができます。 利用時には、ネットワーク接続認証(旧DHCP 認証)システムにログインする必要があります。

主なアクセスポイントの設置場所

建物名

階数

ボアソナード・タワー

1 階以上

55、58 年館

1 階以上

80 年館

B1 階以上

富士見坂校舎

B1 階以上

外濠校舎

B1 階以上

富士見ゲート棟

B2 階以上 

大学院棟

1 階以上

新見附校舎 B1 階、2 階以上
新一口坂校舎 B1 階以上
法科大学院棟 B1 階以上

※2017年 3 月時点

アクセスポイントの種類

・hosei-wifi(新無線LAN) ※推奨

統合認証ID/パスワードを入力して認証を行う無線LAN接続サービスです。

初回接続時の入力情報を記憶するため、以後利用する際は認証をする必要がありません。

※不特定多数の利⽤者が使⽤する共⽤端末等では他⼈の認証情報の使いまわしに繋がる恐れがあるため、hosei-wifi の利⽤は避けてください。

※パスワードを変更した場合は、再度認証が必要になります。

・1X-HOSEI(証明書認証タイプ) (持込みパソコンのみ)

クライアント証明書(ユーザを識別するために発行される電子証明書)を利用して認証を行う無線LAN接続サービスです。

証明書によってユーザを認証するため、統合認証ID/パスワードを入力する必要がなく、暗号タイプ/簡易タイプと比較して、よりセキュリティレベルの高い無線LAN接続ができます。

・EN-HOSEI(暗号化タイプ) 

無線 LAN アクセスポイントと接続機器(パソコン等)との間の通信が暗号化されますので、セキュリティの高い通信が可能です。

利用にはセキュリティキーが必要です。

・ I-APLAN-NET2010(簡易タイプ)

設定が容易ですが、「EN-HOSEI」に比べるとセキュリティが低くなります。

 

無線LANの利用手順について

各アクセスポイントへの接続手順は、全学ネットワークシステムユーザ支援WEBサイト/無線LANサービスをご覧ください。

ネットワークを使う